スクワットをしてテストステロンを増やそう!モテ効果あり!?

皆さんは女性からモテると言われている男性ホルモンの一種のテストステロンを知っていますか?

 

その夢のようなテストステロンを爆発的に増やす方法があるんです!

 

それはスクワットです!!

 

なぜスクワットがテストステロンを増やすのに効果的なのかスクワットのやり方を紹介していきたいと思います。

 

 

何でテストステロンを増やすのにスクワットが一番効率的なの?

 

テストステロンを増やすためには主に筋トレ、たんぱく質や亜鉛やビタミン類の補給、7〜8時間程度の睡眠を行う必要があります。

 

この中で一番筋トレがテストステロンを増やすのに効果的ですが筋トレの中でもスクワットは別格です!

 

その理由はスクワットは主に下半身を鍛える筋トレで人間の下半身には70%の筋肉量を占めています。

 

腕やお腹を鍛えるより筋肉量が多い下半身を鍛えることでテストステロンが爆発的に増えていくんです!

 

しかし下半身を鍛える筋トレは消費エネルギーが大きく体力の消費が激しいため疲労感がある筋トレですが体力の消費が激しいことからテストステロン増加には効果的です。

 

テストステロンを楽して増やす方法はないのでハードであるスクワットをやって女性からモテましょう!

 

テストステロンを増やすスクワットのやり方を紹介!

 

まずスクワットのやり方を説明します!

 

  1. 足を肩幅の同じ幅に広げ、つま先をやや外側に向けて背筋をしっかりと伸ばします。
  2. 膝がつま先よりも前に出さないよう重心を少しだけ後ろにするようにして足腰を下げていきます。
  3. お尻を後ろに突き出しつつ上半身を前に倒していきます。
  4. 地面と太ももが平行になるまで下げたらゆっくりと元に戻します。

 

 

スクワットのフォームを間違えると効果が薄れたり怪我につながってしまうためやり方をしっかり覚えてからスクワットをやるようにしましょう!

 

またスクワットをやる上での回数ですが1セット10回を3〜5セット行うのがベストです。

 

1セット10回行うのが限界と感じる筋トレがテストステロンを増やすのに効果的です。

 

もし10回やって楽勝と思ったらペットボトルなど身近にあるものをダンベル代わりにして重りを担いだ状態からスクワットをやるのもいいと思います。

 

それでも慣れてきた際には高負荷なスクワットのバーベルスクワットがおすすめです。

 

負荷が大きいほどテストステロンが多く増えていくので高負荷であるバーベルスクワットを行うといいと思います。

 

慣れてきたらバーベルをさらに重くする事で新しい刺激が入り、より一層テストステロンが活発に増えていきます!

 

より高負荷なスクワットをこなせば自然とやる気が出てスクワットを飽きずにやり続けられると思います!

 

ただバーベルスクワットはジムに通わないといけないのが難点です。

 

しかしスクワットをやってテストステロンを増やしていくと行動力が上がるので3日坊主にはなりにくいとは思います。

 

1日に筋トレは何時間ぐらいするべき?

 

いくらスクワットをやってテストステロンを増やそうと思ってもやりすぎは返って悪影響を及ぼしていまします。

 

オーバーワークは逆にテストステロンを下げてしまうのでご注意ください。

 

その理由は長時間の筋トレを行うことによりコルチゾールというホルモンの分泌を活性化させてしまいます。

 

このコルチゾールにはテストステロンの増加を抑制し減少させる働きがあるので注意しなければなりません。

 

なので1日の筋トレの時間は40分〜60分(1時間)がベストです。

 

筋トレの時間が1時間以内なので気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回はテストステロンが爆発的に増えるスクワットについて紹介しました!

 

この記事を読んだ方は今日からスクワットを行ってみてください!

 

スクワットをやり終え30分以内にはプロテインを飲むと相乗効果があるので余裕があれば飲んでみてください。

 

みなさん!スクワットをやって女性からモテましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です