余市 柿崎商店ランチレビュー!メニューと待ち時間を徹底紹介

いとこ丼

北海道旅行で小樽市に行き海鮮丼を食べる予定を立ててる方!必見です!

 

小樽市から少し足の伸ばすとコスパ最高の海鮮丼を食べられるお店があるんです!

 

そのお店は小樽市の隣にある余市町にあります。

 

今回は余市町の行列が絶えない大人気の海鮮食堂である柿崎商店 海鮮工房に行ってきたのでメニューや混雑状況を紹介したいと思います。

 

柿崎商店 海鮮工房の基本情報

 

住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25

営業時間 10:00~19:00

アクセス 余市駅から徒歩3分

駐車場 有 お店の脇の駐車場が5台分と第2駐車場があります。

 

お店の駐車場に停められない場合は町営駐車場(最初の30分無料、以降1時間100円)を利用するといいと思います。

 

 

 

車での移動の場合

札幌市より車で1時間(高速道路利用)高速料金1,310円 ETC割920円

 

新千歳空港より車で1時間半(高速道路利用)高速料金2,720円 ETC割1,910円

 

小樽市より車で30分

 




 

札幌駅から公共交通機関利用の場合

電車:乗車時間70分、運賃1,070円

 

新千歳空港から公共交通機関利用の場合

電車:乗車時間110分、運賃2,300円

 

小樽駅から公共交通機関利用の場合

バス:乗車時間40分、運賃430円

電車:乗車時間25分、運賃360円

 

 

 

柿崎商店 海鮮工房の混雑状況

 

私は今回土曜日の12時に訪れました。ちょうどお昼時のピークというものあり長蛇の列が出来上がり外にまで列が伸び出来上がっていました。

 

これを見ると最初行列の長さに絶望してしまいました笑

 

f:id:nknn-3:20190917233309p:image

 

私が並んだ時点の最後尾は店外から15メートルほどありました。

 

店内に入ればいいし大した行列ではないじゃん!と思う方!

 

このお店は大人気なのでそんなに甘くないですよ!

 

f:id:nknn-3:20190917233333p:image

 

店内に入ってもお店は2階なので店内の階段にも行列が続いています。

 

今回はお店に入り注文するまでに30分ほど待ちました。

 

平日の昼間ですと0〜20分ほど待つ恐れがありその日によって様々です。休日は20〜30分はかかると思って行った方がいいと思います。

 

特に休日は混み合いますので少し早めに来ることをオススメします。




 

柿崎商店のメニューを紹介!

 

店内に入り左側にメニュー表変わりにショーケースにサンプルが並んでいます。年々価格は上昇傾向ですがそれでもコスパが良く人気です。

 

10年近く前はワンコインで大半の丼物が食べられたそうですよ。時代の流れですね。

 

柿崎商店のメニューは以下の通りになります。

※2019年9月のお値段

 

f:id:nknn-3:20190917202857j:image

 

ホタテ丼(いくら入) 1,000円

磯丼(ホタテ、ツブ、ホッキ) 1,480円

赤身丼 1,860円

中とろ丼 2,270円

かに丼 1,480円

ホッケ定食 740円

宗八定食 560円

 

うに丼 時価

赤折丼 4,660円

白折丼 2,760円

赤塩水丼 3,410円

白塩水丼2,660円

 

赤はバフンウニのことで白はムラサキウニのことになります。

 

折と塩水の違いですが折はスーパーなどに売っている木のケースに入れられたウニであり塩水は塩水で浸かった状態のウニのことです。

 

今回はウニ丼は食べませんでしたが柿崎商店のウニは質の良いウニを使っていて濃厚かつクリーミーで虜になってしまうほど美味しいですよ!

 

f:id:nknn-3:20190918201901p:image

 

紅鮭定食 510円

いとこ丼(サーモン、いくら)1,350円

海鮮丼 1,300円

ルビークラブ丼(いくら、かに) 1,100円

竹鶴政考定食 1,380円

 

うに丼に続き人気メニューの海鮮丼ですが私がきた時には既に完売していました。残念です。

 

f:id:nknn-3:20190918201850p:image

うなぎ丼 1,000円

いくら丼 1,180円

かに丼ハーフ 850円

いくら丼ハーフ 600円

いか刺し 550円

てっぽう汁 680円

 

ハーフサイズもあるため子供も利用しやすいお店ですね!

 

f:id:nknn-3:20190917203130j:image

 

他にもサラダ類やアイスクリーム、余市産のワインを注文することができます。

 

 

コスパ最高のランチを堪能!

 

先払い方式なので先に注文し会計を済ませてから席に座ります。

 

f:id:nknn-3:20190917233804p:image

 

店内には人が多くあまり席が空いていませんでした。賑わってますね!

 

なんとかテーブル席を確保することができました。

 

今回注文した料理はこちらです!

 

f:id:nknn-3:20190917230126j:image

 

こちらは磯丼(1,480円)です。もちろん貝好きの私は迷わず磯丼にしました。

 

ホタテとツブとホッキが入っています。

 

活きた貝をそのまま使っているのかホッキは箸で触れてみると動いていました笑

 

どの刺身も新鮮で歯ごたえが良くコリコリで美味しかったです!

 

丼物には味噌汁と漬物がセットになっています。

 

2018年に行った時は1,110円だったと思いますがこの1年で300円も値上げしたそうです。磯丼好きにはショックです。

 

f:id:nknn-3:20190917230121j:image

 

こちらはいとこ丼(1,350円)です。サーモンといくらが入っています。

 

サーモンといくらって親子だと思いますが柿崎商店ではいとこの様です。

 

見てわかりますようにサーモンは脂がのっていてとろけて美味しかったです!

 

サーモンは厚く切られておりいくらは新鮮で透明感があり満足できる一品でした。

 

 

まとめ

 

余市町の柿崎商店 海鮮工房ですが質・味と値段共に文句なしでした!

 

小樽市の堺町通りですと柿崎商店より価格が2倍近くするので余裕がある方は足を伸ばして余市町の柿崎商店で食事をとるといいと思います!

 

店内は混み合い行列ができるので早めに来ることをおすすめします。

 

私が食べ終わり帰る時間(14時ごろ)も行列は収まっていなく外まで並んでいました。

 

良かったら是非訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です