卵を食べる効果を紹介!テストステロン増加やダイエット効果がある!?

皆さんは卵食べますか?

 

朝ごはんの定番の目玉焼きであったり毎日食事していく中で比較的に登場しやすい卵ですが実は卵は栄養価の高く完全栄養食品なんです!

 

完全栄養食品とは健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材のことです。

 

卵は価格が安価でありさまざまな料理に合いますが、普段から口にしやすい身近な食材なので卵も毎日食べることでのメリットを紹介したいと思います。

 

 

卵の栄養価はどうなの?

 

f:id:nknn-3:20191014215552j:image

 

卵に入っている栄養価はたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどバランスよく含んでいます。

 

その中でたんぱく質には必須アミノ酸を含んでいるため卵は栄養面でとても優秀です。

 

必須アミノ酸が不足すると成長障害など生命に影響を与えるため普段から摂取したほうがいい栄養素です。

 

卵1個(60g)の栄養価

エネルギー 79kcal

たんぱく質 6.4g

脂質 5.4g

カルシウム 27mg

マグネシウム 6mg

亜鉛 0.7mg

ビタミンA 78ug

ビタミンB2 0.22mg

ビタミンB6 0.04mg

ビタミンB12 0.5ug

ビタミンD 2ug

ビタミンE 1mg

 

卵1個食べることでさまざまな栄養素を摂取することができます。

 

特に筋トレをされている方には摂取すべき栄養素のたんぱく質ビタミンDなどが含まれているので積極的に食べるべき食材とも言えます!

 

こんなに栄養価が高かったら毎日食べたくなるよね!

なかのん

 

せっかくなので卵を食べることでのメリットを知った上で普段から卵を食べるといいと思います。

 

 

卵を食べることでのメリットを紹介!

 

卵を食べることでの効果を3選紹介したいと思います!

 

とても重要なので覚えてくださいね!



テストステロンを増やすことができる!【男性向け】

 

テストステロンは男性ホルモンの一種でテストステロンを増やしていくとやる気向上や筋肉の発達、女性にモテやすくなる効果があるホルモンです。

 

テストステロンについての詳細はこちらをご覧ください。

 

 

卵には脂質であるコレステロールが豊富に含まれています。コレステロールはテストステロンを増やしていくための原料でありとても重要です。

 

体内の脂質の量が少ないと十分にテストステロンが作られません。

 

コレステロールの摂取量を増やすと多くのテストステロンが作られるようになります。

 

またコレステロール以外にもテストステロンを増やしていくための栄養素はたんぱく質、亜鉛、ビタミンDを摂取する必要があります。

 

しかし卵にはたんぱく質、亜鉛、ビタミンDを含んでいるためテストステロンを増やしていくためには欠かせない食材なんです!

 

卵には1個(60g)でたんぱく質6.4gが含まれており特に筋トレしている方で積極的にたんぱく質を摂取したい方には手軽な食材でもあります。

 

テストステロンを増やしてモテたい方は1日1〜2個食べるといいと思います!

 

ただし摂りすぎは健康リスクがあるため適度の摂取が望ましいですよ!

 

卵食べたら筋肉がムキムキになってさらにモテるなんて凄すぎる!!毎日食べよ!

なかのん

 

 

髪の毛にいい成分が含まれている!

 

実は卵には髪の毛の健康維持できる成分があるんです!

 

卵には髪の毛に必要な栄養素のたんぱく質やビタミン群、ミネラルなどを含んでいます。

 

その中で卵には髪の毛に重要な栄養素であるビタミン類のビオチンが含まれていますが、そのビオチンには髪の毛の成長を促し健康に保つ効果があり必要不可欠なビタミンでもあります。

 

ビオチンを摂取することで髪の毛だけではなく美肌効果もあります!

 

しかし白身部分にある栄養素のアビジンには黄身部分にある栄養素のビオチンを混ぜてしまうとビオチンの吸収を妨げてしまいます。

 

ビオチンの栄養素の恩恵を受けるためには黄身と白身を混ぜないことが絶対条件なのです!

 

卵焼きや卵かけごはんのような料理は控え、目玉焼きやゆで卵にして食べるのが髪の毛に良いと言われているんです!

 

食べ方によってビオチンが摂取できなくなるので注意が必要です。

 

これからは卵は混ぜないように食べよ…

なかのん




ダイエットに向いている食材!

 

完全栄養食品である卵はダイエットにも有効なんです!

 

これにはダイエットしたい方必見です!

 

ダイエットする際の卵の食べ方はもちろん!ゆで卵です!

 

ゆで卵だと卵が加熱されることにより固くなるので、ゆで卵を食べるとお腹にとどまりやすくなり消化するのに時間を要するため腹持ちが良くなります。

 

腹持ちがいいので満腹に満たされやすくなるので食べすぎる心配がなくなります。

 

卵は完全栄養食品であり太りやすいような主食やおかずをゆで卵に変えても栄養不足にはならないので健康的なダイエットをすることができます。

 

1日1〜2個を目安に食べるといいと思います。たくさん食べることでダイエット効果が増すとは限らないので適度の数量を食べることで恩恵を受けられると思います。

 

 

まとめ

 

卵には多くの栄養が詰まっておりコスパが良いので日頃から食べる機会が多い食材だと思います。

 

卵を食べることでのメリットがとても良いので是非調理の仕方を注意した上で食べてもらいたいと思います。

 

食べ過ぎは悪影響を及ぼす恐れがあるので1日1〜3個食べるといいと思います。

 

皆さんも普段の食事に卵を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です