古平町の新家寿司ランチレビュー!うに丼とエビ丼を紹介!

今回は古平町の新家寿司でランチをとりましたのでどのようなお店なのか紹介したいと思います。

 

お店の外観になります。

f:id:nknn-3:20190716165039j:image

住所 北海道古平郡古平町大字新地町13

営業時間 11:00~20:00

定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)

 

札幌市から高速道路まで余市まで行き国道229号線を通ると古平市の新家寿司まで行くことができます。

 

所要時間は1時間20分で距離は75キロです。高速料金は1,310円です。

 

店内の雰囲気はどう?

f:id:nknn-3:20190716165458j:image

店内の様子になります。お席はカウンター先・テーブル席・個室があります。

 

中は広々としていましたが多くの方が食事をとっていました。私も10分程順番待ちをしました。

 

並ぶほど人気の海鮮丼店になります。

f:id:nknn-3:20190716165454j:image

 

店内の水槽には牡蠣やホッキなどがいました。

 

新家寿司といったら海鮮丼!

f:id:nknn-3:20190716165416j:image

 

海鮮のメニューが多くありました。こちらはうに以外の海鮮丼です。

f:id:nknn-3:20190716165420j:image

 

うにがあるメニューになります。どれも美味しそうです!

f:id:nknn-3:20190716165411j:image

 

お値段は時価になります。3,000円台から7,000円台と価格もさまざまです。




海鮮丼を食べてみた!

f:id:nknn-3:20190716170250j:image

 

お待ちかねのうに丼です!うにはキタムラサキウニになります。料金は4,500円です。

 

見た目すごく美味しそうですよね!実際食べてもすごく美味しいです。味が濃厚でとれたてのウニはすごく美味しいです!

f:id:nknn-3:20190716170238j:image

 

お吸い物になります。中にキノコやほうれん草が入っていました。

f:id:nknn-3:20190716170242j:image

 

続いて海老丼セット(2,300円)です。セットだと海老丼以外に海老の醤油漬と海老の唐揚げがあります。

 

この海老はとれたてでご飯の上で動いていました笑

 

新鮮な海老ほど殻を剥くのが難しく苦戦しました。

 

食感はプリプリと思いきや異常な弾力でプリプリを超えていました。

 

新鮮だとコリコリ寄りになるのではないでしょうか。初めて食べる食感でとても美味しかったです。

 

f:id:nknn-3:20190717131219j:image

 

海老の殻って揚げれば食べられることを初めて知りました。特に味付けはなく海老本来の味を楽しむことができました。

 

まとめ

 

ウニといえば古平町の隣の積丹町が特に有名ですが古平町の新家寿司のウニはとても美味しかったです。

 

ウニ以外にも海老などの海鮮も新鮮とれたてなので普段食べているものとは思えないほど美味しいかもしれません!

 

皆さんも是非行って食べてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です