能登半島のおすすめ観光スポット7選を紹介!【能登外浦海岸編】

石川県での観光といえば金沢観光のいうイメージが強いと思います!

 

しかし金沢市のさらに北にある南北に長い半島の能登半島も見所がたくさんあり金沢市と合わせて観光べきだと思います!

 

今回は能登半島の西海岸沿いの能登外浦海岸にある観光スポットを紹介したいと思います!

 

能登外浦海岸とは能登半島の外側、つまり富山湾側ではない日本海外洋に面した側の海岸である。対して、富山湾側の海岸は、能登内浦海岸と呼ぶ。

ウィキペディア引用

 

能登外浦海岸の観光に絞ると日帰りで行けるルートなので能登半島に観光を検討してる方は参考にしてみてください。

 

時間の関係で能登内浦海岸は行けなかったよ

なかのん

 

 

千里浜なぎさドライブウェイ

 

f:id:nknn-3:20191120192138j:image

 

能登半島の能登外浦海岸にある観光スポットで欠かせないところといえば千里浜なぎさドライブウェイです!

 

千里浜なぎさドライブウェイは石川県羽咋市から宝達志水町にかけて延びる8キロ程度の砂浜兼道路になります。

 

このスポットの凄さといえば砂浜を車で走行することが可能なんです!日本でたった1つの砂浜で車走行可能のスポットです。

 

あまり海に近づくと危険ではありますが砂浜を走る貴重な体験をすることができるのでおすすめです!

 

千里浜なぎさドライブウェイの砂浜はなぜ車走行が可能なのかというと千里浜の砂は粒子が細かく海水を含むと引き締まって硬くなるからです。実際に砂を触ってみると硬さに気づくと思います。

 

砂浜には標識などがないため運転にはご注意ください。

 

住所 石川県羽咋市千里浜町〜宝達志水町今浜

アクセス のと里山海道 今浜ICから5分程度

駐車場 無料

機具岩

 

f:id:nknn-3:20191120193038j:image

 

機具岩は能登半島にある能登金剛の代表的な奇岩の一つです。

 

しめ縄で結ばれていて寄り添う風景が夫婦のように例えられています。機具岩は左側の大きいほうが女岩で、右の小さいほうが男岩と呼ばれています。

 

大きい方が男岩かと思ってたわ笑

なかのん

 

伊勢にある有名な二見岩に似ているため別名 能登二見 とも呼ばれています。

 

住所 石川県羽咋郡志賀町七海

アクセス のと里山海道 西山ICから20分程度

駐車場 無料





 

増穂浦海岸

 

f:id:nknn-3:20191120194545j:image

 

増穂浦海岸はおよそ4キロにわたる白砂青松の浜辺になります。日本の海水浴場55選に認定されている海岸です。

 

私が行った日は大荒れでしたが天気の良い日はとても綺麗な海辺だと思います。

 

日本の小貝三名所の1つに選ばれている増穂浦海岸は多くの貝が流れ着くことで有名で11月から3月にかけてさくら貝が流れ着いてきます。

 

さくら貝幸せを運ぶと言われて地元民だけではなく観光客も多く訪れる観光スポットになります。

 

f:id:nknn-3:20191120195445j:image

 

さくら貝探し開始5秒で見つけました!意外にも多く流れ着いてきてました!

 

ピンク色のさくら貝はとても綺麗でいいお土産になるのではないかと思います。

 

住所 石川県羽咋郡志賀町富来領家町

アクセス のと里山海道 西山ICから30分程度

駐車場 無料

世界一長いベンチ

 

f:id:nknn-3:20191120195756j:image

 

増穂浦海岸内にある世界一長いベンチは全長460.9メートルあり1989年にギネス記録を更新した名の知れた観光スポットになります。

 

増穂浦海岸での海水浴やさくら貝探しに疲れた時はこの世界一長いベンチで休憩するのもいいと思います!

 

住所 石川県羽咋郡志賀町富来領家町

アクセス のと里山海道 西山ICから30分程度

駐車場 無料

トトロ岩

f:id:nknn-3:20191120201224j:image

 

能登半島には面白い形をした岩が多くありますがその中に1つであるトトロ岩。目の部分は人の手によって飾られていますが耳の形といい胴体がとてもトトロに似ています。

 

このトトロ岩の正式名称は権現岩と言います。

 

白米千枚田にいく途中に見かけると思いますので是非立ち寄ってみてください。

 

住所 石川県輪島市門前町大泊

アクセス のと里山海道 西山ICから50分程度

駐車場 無料




 

白米千枚田

 

f:id:nknn-3:20191120202026j:image

 

能登半島で1番有名で人気ある観光スポットと言えば白米千枚田になります!

 

小さな田が重なり自然あふれる光景は絶景でさらに奥の日本海との組み合わせが抜群に綺麗です。

 

白米千枚田は世界農業遺産に登録されている「能登の里山里海」の代表的な棚田です。

 

日本の棚田百選や国指定文化財名勝に指定された観光スポットとして多くの方々に観光に訪れるほど人気があります。

 

白米千枚田は小さい田んぼが1,000枚程度あり急斜面のため農機具の使用が困難なため昔ながらの農法の種籾から苗を育成し稲作を行う方法でお米を作っています。

 

 

また白米千枚田は10月中旬から3月中旬まで日没後にイルミネーションあぜのきらめきが行われます。

 

f:id:nknn-3:20191120202233j:image

 

白米千枚田を2万5000個のLED電球が照らされる規模の大きいイルミネーションになります。

 

日中とは全く違う景色なので夜も合わせて観賞することをおすすめします!

 

緑だった白米千枚田が一面ピンク色になる貴重な光景を眺めることができました!とても綺麗です!

 

f:id:nknn-3:20191120202238j:image

 

15分ごろに色が変わりピンクの次は緑色に変化しました。緑色のイルミネーションも綺麗です!

 

他にも金色と青色に変化しますが時間の関係で見ずに後にしました。残念です。

 

住所 石川県輪島市白米町99−5

アクセス のと里山海道 のと里山空港ICから40分程度

駐車場 無料

窓岩

 

f:id:nknn-3:20191120204524j:image

 

能登半島にある奇岩の1つである窓岩は曽々木海岸のシンボルでもあります。岩の間に窓があるため窓岩と呼ばれています。

 

板状の岩の真ん中に直径2mほどの穴がの中に夕日が納まった瞬間はとても綺麗と言われています!

 

f:id:nknn-3:20191120205112j:image

のとねっと引用

 

残念ながら私が行った日は天気が悪く見れませんでしたが窓に夕日が納まれば写真のように綺麗な景色を見ることができます。

 

住所 輪島市町野町曽々木海岸

アクセス のと里山海道 のと里山空港ICから1時間

駐車場 無料

まとめ

 

今回は能登半島の能登外浦海岸にある観光スポットを回りましたがJR金沢駅10時発19時着で観光スポット7ヶ所を回るのに9時間ほど要しました。

 

能登内浦海岸も観光したい方は能登半島での宿泊で翌日に能登内浦海岸を観光するといいと思います。

 

今回の能登半島の能登外浦海岸にある人気観光スポットの千里浜ドライブウェイや白米千枚田など観光したい方は是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です