行かなきゃ損!?7月下旬に旬を迎える観光スポット!北海道編

夜のライトアップされた青い池

2019年も気づいたら半年経ち7月中旬になりました。月日が経つのは早いですね。残りの7月を満喫するために7月下旬には北海道旅行に来てみてはいかがですか!

 

北海道では7月下旬に旬を迎える観光スポットが多くあります。そこで7月下旬に絶対行くべきの観光スポットを紹介していきたいと思います。

 

7月下旬に北海道旅行を検討されている方や7月下旬に予定のない方必見の記事になっています!

富良野市 ラベンダーを観賞しよう!

富良野市といえばラベンダーが有名ですがラベンダーが咲いている時期が7月から8月上旬までです。特に7月後半にピークを迎えます。

 

毎年多くの観光客が7月に来るので今時期がベストシーズンになります。

 

ファーム富田

f:id:nknn-3:20190710215554j:image

公式ホームページ引用

ファーム富田は富良野で1番有名な観光スポットでラベンダー畑が広大に咲いています。総面積がおよそ15万㎡と圧倒的に広いです。

 

ファーム富田ではラベンダー以外にも赤い花のポピーや黄色い花のキカラシなどさまざまな色の花が咲いています。カラフルでとても綺麗なのでとても人気です。

 

対してファーム富田から東に4キロほどの所にはラベンダーイーストというラベンダーのみが咲いているスポットがあります。

 

どちらも綺麗なので両方行くことをおすすめします。

住所 空知郡中富良野町基線北15号

営業時間 8:30~18:00

駐車場 700台以上 無料

アクセス 富良野駅からノロッコ号で20分程度(料金220円)

 

特に日中は混雑するので早い時間だと人がまだ少なくゆっくり回れるのでおすすめです。

富良野市への行き方

車の場合

札幌市から出発する場合

札幌市から高速道路を走り三笠ICで降り《道道岩見沢三笠線−国道452号−道道美唄富良野線》で富良野へ行けます。札幌市から富良野市まで距離はおよそ113キロで所要時間は1時間50分になります。

 

新千歳空港から出発する場合

新千歳空港ICから高速道路を走り占冠ICで降り国道237号国道38号を通ることで富良野市へ行けます。新千歳空港から富良野市まで距離はおよそ126キロで所要時間は1時間50分になります。

 

公共交通機関の場合

札幌駅から高速ふらの号で富良野市へ行けます。富良野市までの所要時間は2時間30分で料金は2,260円です。




美瑛町 四季彩の丘・青い池に行こう!

富良野市から車で40分程度の距離に美瑛町があります。富良野市に寄ってから美瑛町に寄る方が多く富良野と美瑛をセットで回るのがおすすめのコースでもあります。

 

車での距離は35キロ所要時間は40分です。公共交通機関はノロッコ号に乗車することで行き来でき所要時間は50分です。

 

その美瑛町で7月後半に是非行って欲しいおすすめの観光地スポットが2つあります。

四季彩の丘

f:id:nknn-3:20190710221130j:image

美瑛町には四季彩の丘のいう観光地スポットがありストライプの花畑が特徴です。SNS映え間違いなしのスポットで多くの観光客が訪れます。

 

四季彩の丘はピークが7月から9月まででありますが富良野市のラベンダーとセットで美瑛町に来る方が多いので特に7月後半に来る方が多いです。

住所 上川郡美瑛町新星第三

営業時間 8:30〜18:00

駐車場 300台 1回500円

四季彩の丘のカラフルなストライプの花畑を観賞しに美瑛町に来てみてはいかがでしょうか。

 

青い池

美瑛町には有名な観光地スポットがもう1つあります。その名を青い池になります。

f:id:nknn-3:20190711115044j:image

名前の通り池の水が青く見えるためそう呼ばれるようになりました。実際には池の水が太陽のは光により散乱して青く見えるのです。水自体が青いわけではありません。

 

絶景になるかは天候が鍵を握っています。数日前からの天気が良いことと太陽の角度次第で青く見ることができ運に左右される観光スポットなのです。

住所 上川郡美瑛町白金

営業時間 24時間営業

駐車場 100台 無料

 

おすすめの時間は午前中または14時までの時間帯が綺麗に見れる可能性がありおすすめです。

美瑛町への行き方

車の場合

札幌市から出発する場合

札幌ICから道央道で深川西ICへ行き富良野方面へ行くことで美瑛町に行けます。距離は159キロで所要時間は約2時間20分になります。

 

新千歳空港から出発する場合

新千歳空港ICから高速道路で占冠ICへ行き国道237号を通ることで美瑛町へ行けます。距離は161キロで所要時間は2時間32分になります。

 

公共交通機関の場合

札幌駅からJR90分または高速バス120分で旭川駅経由(乗り換え)普通列車で約32分で美瑛駅に到着します。




北竜町 ひまわり畑を観賞しよう!

ひまわりの里

北竜町で有名なのはひまわり畑ですがひまわりを見ることができる観光スポットのひまわりの里は7月後半から8月中旬くらいまでひまわりが満開になりベストシーズンを迎えます。

f:id:nknn-3:20190711115821j:image

辺り一面のひまわりがとても綺麗な風景となりおすすめです。またこの時期の北竜町ではひまわりまつりが行われるので観光客だけではなく地元の方々も来て大いに盛り上がります。

住所 雨竜郡北竜町字板谷143番地の2

営業時間 24時間営業

駐車場 500台 無料

ひまわりの里は広さ4.7ヘクタールありひまわりが150万本が咲いており大規模なひまわり畑になります。

北竜町への行き方

車の場合

札幌市から出発する場合

札幌ICから道央道で深川西ICで降り留萌方面に向かうと北竜町に行けます。距離は118キロで所要時間は1時間35分になります。

 

新千歳空港から出発する場合

新千歳空港ICから道央道で深川西ICで降り留萌方面に向かうと北竜町に行けます。距離は158キロで所要時間は2時間になります。

 

公共交通機関の場合

札幌駅から高速るもい号で北竜町に行けます。所要時間は約120分で料金は1,850円です。

 

7月後半の北海道の気温や服装はどうしたら良い?

7月後半の北海道の気温は地域にもよりますが最高気温は25〜30度くらいにはなると思います。本州・九州などを比べると涼しく湿度が低いので本州・九州などの方々から見ると過ごしやすいと思います。

 

最低気温は15〜20度くらいになると思います。今年の北海道は比較的冷夏なので日中は暑すぎず過ごしやすいですが夜は肌寒くなる場合があります。

 

服装は日中は薄手の格好でちょうど良いと思いますが夜は1枚上着があると良いかと思います。

 

まとめ

今回紹介した観光スポットの3選が7月下旬特におすすめの観光スポットになりますがまだ北海道には他にも7月下旬おすすめの観光スポットは多くあります。この際に北海道旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介した観光スポット3選は1日ですべて回りきることも可能なのでぜひ観光してみてください。

 

また今回紹介した観光スポットに行く際には車での移動がおすすめです。地方なので公共交通機関の本数が少ないので効率よく回るのが難しいです。北海道旅行で今回紹介した観光スポットへ行く場合にはレンタカーをレンタルするといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です